アンチPDCA派に新しい考え方

PDCAサイクルという言葉を聞いたことがないビジネスマンはほとんどいないでしょう。PDCAとは、Plan(計画)、Do(実行)、Check(検証)、Action(改善)の頭文字をとったものです。PDCA関連の書籍もたくさん発売されていて、ビジネス界では当たり前のように「PDCAサイクルをまわす」ということが根付いております。しかもPDCAサイクルを回すスピードが早ければ早いほど良いといって、「高速」「鬼速」と形容されることがよくあります。一方人気がゆえに、常識にアンチテーゼを唱える方々から叩かれてもきました。

反論される多くの方は行動派の方々で、Planの前にまずDoだ!計画なんて立ててる場合じゃない!という意見や、「Plan Do Check Actionじゃない!Do Do Do Doだ!」という行動あるのみ的なのとを言われる方もいます。私も比較的PDCAには懐疑的でした。そんな時にしっくりくる理論に出会いましたそれがOODAループです。「OODA=ウーダ」と発言するようです。

OODA(ウーダ)ループという考え方

Observe・・・観察する

Orient・・・方向づける

Decide・・・決める

Act・・・実行する

これら頭文字をとってOODA(ウーダ)と名づけられました。

Observe(観察する)

まず相手や状況をよく観察します。自分の価値観や固定観念にひっぱられないよう、できるだけリアルな「生のデータ」を収集します。この時点ではまだただの「事実」「データ」にすぎません。

Orient(状況を見極める、方向づける)

次に、観察して集めた生のデータを元に今何が起きているのか、状況がどうなっているのか?を理解していきます。「観察」段階で収集したデータを価値判断に使用できる有益な「情報」へと加工していきます。

Decide(決定する)

観察で集めた生のデータを解釈してできた「情報」を元にどのような行動をするかを「決定」します。

Act(実行する)

先ほどの段階で決定した内容を「実行」していきます。

 

行動の直後に「Observe(観察)」に戻り、行動によって変化した状況を観察し、生のデータを収集し、それを解釈し、それに基づき判断し、また行動していく、ということを繰り返しおこなっていきます。

PDCAが「サイクル」と言われている中、OODAは「ループ」と表現されることも特徴です。PDCAが各項目が独立して順番にこなしていくような直線的な線形モデルのイメージに対して、OODAは時間軸がもっと短く、行動を起こしている時にはすでに観察は始まっているようなイメージでループ状にほぼ同時に近いかたちでぐるぐる行われているイメージです。

もともとOODAループはビジネス用ではなく軍事用に開発た意思決定に関する行動理論です。元アメリカ国空軍大佐ジョン・ボイド氏が開発したと言われています。軍事の現場では状況は刻一刻と変化し、瞬時の判断を求められます。判断のスピードが遅れたり、誤った行動をとることで命を落としかねません。まさに「命がけ」の状況です。そのような緊張感の中で編み出された手法ですので、「意思決定のスピード」「意思決定の精度」の両輪を追求した結果たどりついた理論といえます。

 

なぜフリーランスとOODAループが相性が良いのか?

現代社会はVUCAであると言われています。変動が激しく不安定で(Volatility)、不確実で(Uncertainty)、複雑で(Complexity)、曖昧であるAmbiguity(曖昧性)の頭文字をとってVUCA(ブーカ)と呼ぶようです。「ビジネスにおいてスピードが重要」ということは昔も今も変わらないと思いますが、よりスピードの重要度が増していると思います。このようなVUCAの時代に意思決定して行動していくには、「計画」は時として意味をなしません。状況を見極めて、ある程度の方向性だけ見定め判断して行動する、そして行動の結果変わった状況を観察し、とOODAループを行なっていくことは、変化のはやい時代にあっていると思います。さらにサラリーマンとフリーランス、どちらの方が不安定で、不確実で、複雑で、曖昧であるか、は明確です。サバイバルを生きるフリーランスには、これまでのビジネスで用いてきたPDCAより、サバイバルの最前線の軍事用で使われてきたOODAの方がフィットする部分があると考えます。

 

PDCAもOODAもどちらもただのフレームワーク

ここまで「PDCAよりOODA推し」をしてきましたが、どちらも所詮は行動や意思決定のためのフレームワークです。どちらを使った方がよいか、また使わない方がよいのかは言ってしまえばケースバイケースで、正解はありません。フレームワークはツール、つまり道具です。どれだけ良い道具を持っていても、使い手が成熟していなければうまく使いこなすこともできなければ、良いアウトプットも期待できません。一方、使えるツールが増えるということは正しく使えればとても有効です。例えばこれまでトンカチしかなく、釘を打つには良いけど、ネジを回すにはうまく使えていなかったところ、ドライバーという新しい道具を手に入れたことで、これまで解決できなかった問題がスムーズに解決できたりします。

この不確実で複雑な時代を、楽しんで生き抜くために、OODAループという新しい道具を、是非活用してみてください。